« 北陸セッション8の開催について | トップページ | 2007年もよろしくお願いします »

2006.12.30

2006年を振り返って

 今年2006年は3回もイベントを開催することができました。これも参加してくださった皆さんのおかげです。どうもありがとうございました。個人的にはプライベートも含めていろいろあったなぁと思います。

 自分がやりたいようにイベントをやりたいと思ってスタートした北陸セッションですが、最近ではなぜかそれができませんでした。僕の心境としてはかなり複雑だったですね。
 北陸セッション7.1の開催に関しては幹事団でも内容でかなり議論されました。今後の北陸セッションの方向性を探る重要なイベントだったと思いますね。僕がこうしたいというのをあえてしないで、他の実行委員二人に企画を基本的におまかせするという感じにしました。
 告知後は出演者が集まらず、開催を取りやめようかという話も幹事団で出たんですよね。でも、開催に踏み切りました。これは僕の判断ではありません。僕の判断で開催中止をMLに流しても良かったんですが、企画をおまかせした以上僕が直接開催中止のアナウンスをすることではないと判断したわけです。
 その判断が間違ってたかどうかというのは今でも僕自身よくわからないでいるんですけど(^^;。開催中止にするといろんな人たちに迷惑がかかるのは重々承知です。参加表明してくれた人たちに申し訳ないですし。
 苦しい状況の中でもいろいろと確認できてよかったこともあります。もし参加したいという人が殺到して、即日満員御礼になって、イベントも大盛況のうち終了ということになれば、北陸セッションの運営は他の人がやったほうがいいというということになるわけです(^^;。そうなると僕はこのブログに気が向いたときに好きなことを書くことだけやってればいいことになるんでしょうかねぇ…。
 Googleグループに移行したから参加者集まらなかったんじゃないの?というのも何人かに言われたことも事実です。北陸セッション7ではfreemlを使用してましたが、そのときも参加者はそれほど集まってなかったので、MLの移行で参加者が激減したということはないんじゃないかなって思ってます。北陸セッションに興味ない人がGoogleグループに移行しなかったんだと思ってますけど(^^;。
 MLに関してアンケートを実施中ですが、投票結果を見ると現時点ではGoogleグループ続行でいいのかなと思ってます。アンケートは来年3月末までやってますので、まだ投票してない人はよろしくお願いします(^^;。
 mixiのコミュで全部やったらいいんじゃない?っていう意見もありました。ここ数年SNSがかなり流行ってきてますし。MLは衰退していってるという感もあったりします(^^;。実際にMLサービスを取りやめたプロバイダもありますし。そういうご時世のなか、なぜGoogleがGoogleグループというサービスに取り組んでいるというのも興味があったりするんですが。
 北陸セッションMLは基本的にイベント参加者用に設置してますので、イベントに参加するつもりのない人が登録してもあんまり意味がないんですね。今はイベントも消化したんで公開設定になってますが、セッションやりまっせということになればまた会員でないと中身は見られない設定にすると思います。お客さんが来るという前提で開催していきたいと思ってるので、手の内をわざわざ見せることもないというか。どういう風な雰囲気か知りたいという人はMLに登録だけして発言しなければいいので(^^;。MLの登録、退会は自分の意思でいつでもできますし(^^;。
 北陸セッションのmixiのコミュはほんとに発言する人が数人程度です(^^;。イベントに参加するつもりはないけど、コミュには登録してる人っていう人も多いんじゃないかしら? MLをやめちゃって全部mixiでやっちゃうことになればまた状況は変わるかもしれませんけどね。来る者拒まず去る者追わずということで参加者を募集してるので、今はMLで行こうかなとは思ってます。MLに登録したくないけど北陸セッションには出たいという人はごめんなさいっていうことですね(^^;。MLだとメールアドレスが他の人に知られるから抵抗があるっていう人もいるみたいです。その辺は自己責任ということで、発言も責任をもってやってもらえればいいかなと。mixiも2ちゃんねる化が進んでるというか。匿名だから無責任な発言をして、気まずくなったら退会するっていうのもあるみたいですね。アカウントを裏で売買しているサイトも実際に見たことありますし。そういうのがビジネスになっているというのもなんだかなーって思いますね。
 やっぱり、自分が納得できるものをやったほうがいいんだなと思った2006年でした。頑張ってやっていくと壁にぶち当たったり、変な横やりが入ったりすることもあるでしょう。チャレンジしてない人には壁なんて来ないですからね(^^;。
 2007年に北陸セッション8を開催するかどうかはこのブログでお知らせすることになるんじゃないでしょうか? 開催時期と場所が確定したときがそのときになるでしょうね。
 勢いでだーっと書いたので、読みにくくてすみません(^^;。おそらくこれが今年最後のエントリーになると思います。今後もいろんなところで皆さんと素敵なご縁があればいいなと思ってます。それでは良いお年をということで。どうも有り難うございました(^^。

01:36 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4451/13257742

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年を振り返って:

» この指とまれ トラックバック 堀田信弘のリーダー養成塾 HottaWorld::「活・喝・勝」
「来るものを拒まず」は言うが易しいが貫くのは、相当な覚悟が必要だ。私はこれまで、「来るものは拒まず」と言ってきた。中小企業の採用においては、経営者が求職者を選ぶ時代から、求職者に選ばれなくてはならない時代になったからでもある。... [続きを読む]

受信: 2007/01/12 17:51:01

» この指とまれ トラックバック HottaWorld::「活・喝・勝」
「来るものを拒まず」は言うが易しいが貫くのは、相当な覚悟が必要だ。私はこれまで、「来るものは拒まず」と言ってきた。中小企業の採用においては、経営者が求職者を選ぶ時代から、求職者に選ばれなくてはならない時代になったからでもある。「採ってやる」というような傲慢な態度で、その会社に入りたいと... ... [続きを読む]

受信: 2007/01/12 17:56:01

コメント

コメントを書く