« 北陸セッション参加者LINK | トップページ | 【帝都@ラスト】でデレク・アンド・ザ・ドミノスを表明 »

2005.01.25

このイベントは初心に戻れる機会でもあるんです

 先日ニフティから入会してから丸14年経ちましたというメールが来ました。あぁ、もうこんなに経っちゃったんだなと。ニフティ入会と同時にかねてから興味のあったロックラインフォーラムの前身であるロックネットジャパンに登録しました。そこではチャットにかなりはまってましたねぇ(^^;)。おかげで今は手元を見なくてもタイピングできるようになりました(^^;)。

 そこでネットを通じて知り合った人とスタジオに入って一発合わせセッションを体験するわけです。これがなかなか楽しくて。今も楽しいですけど(^^;)。その時は東京でしかそういうのやってなかったですから、僕もちょろちょろ顔出してました。セッションと言っても3コードやブルースとかじゃなくてコピー大会ですから、原曲と基本的に同じ事を演奏するわけです。何度かセッションに参加するうちに次第にコピーするだけではもの足らなくなってきたという(^^;)。ちょっと違うふうに演奏したらもっと楽しくなるんじゃないかとか思ったりもしました。当時からオリジナル曲を自分のバンドでもやってましたし、そのままやるのは芸がないなぁっていうか(^^;)。
 今ではどうかというと、そのまま原曲どおりに演奏するのも楽しめるようになりました。一時期いろんなアーティストがカバーアルバムとかトリビュートアルバムを出した時期がそういえばあったと思います。そのアーティストに敬意を表して参加するというのがほとんどだと思います。最近は僕もそんな意識をもって演奏するようになってきているのかもしれません。
 楽器とかをスタートするきっかけって、誰某のようにギターを弾きたいとか歌いたいとかだと思う事だと思うんですよ。誰でもコピーから始めると思います。いきなりオリジナル作っちゃう人あんまりいませんよねぇ? バンドをやろうという話になった時もいろいろとイメージするわけです。どんな人と一緒に演奏できるかなとか、ちゃんとスタジオで練習できるかなぁとか、ライブやるときは友達来てくれるかなとか、友達がライブに来ても喜んでくれるかなとか、ステージで演奏する気分ってどんな感じだろうとか。
 北陸セッションの場合もこれに近い気分になれるんです。高校生のときにはじめてバンドを組んだ時のようなわくわくどきどき感があるんです。メーリングリストで自分の演奏したい曲を表明する。その表明された曲に誰かが他のパートで便乗してくれたりすると非常に嬉しいという。それで必要パートが全部そろえばみんなの前で演奏できるわけでしょ? 演奏する事が決まれば自宅で地道に個人練習をして本番当日を迎えると。
 普通のバンドと違うのはみんなで何回かスタジオに入って練習するという事がないことですね。本番当日に会場で「はじめまして、よろしくね」という挨拶をして、いきなりステージで本番ですから(^^;)。リハーサルもありません。本当に一発合わせなんです。
 さっきの話に戻りますけど、一発合わせコピー大会ですから基本的には皆さん原曲どおりに演奏します。そっくりそのまま演奏してるはずなんですが、それぞれのメンツの個性が出るんです。普段一緒にやってるバンドのメンバーがやたら楽しく演奏してたりとか、顔をひきつらせながら演奏してるのを見るのもなかなか面白いという(^^;)。一発合わせのため、細かいミスはあったりしますけど全体的に聴くと非常に素晴らしいのがあったりしますし。そういう演奏があったら会場はかなり盛り上がります。
 僕もバンドを組んでてライブもやったりするんですが、このようなイベントに参加しない限りこういう体験は普通はできないんじゃないかと思います。北陸地区で誰かやってる人がいたら教えて下さい(^^;)。ぜひ参加してみたいと思います(^^;)。誰もやってる人がいないみたいなので、自らやってたりするわけですけど(^^;)。毎回新しい人が参加してくれますから、その分刺激もありますね。楽器店やスタジオがセッション大会を企画すると、その常連のお客さんが出て、出る人が同じならやる曲もそんなに変わらないでしょう。そういうことが続くと新しい人が入りづらくなる状況になるんじゃないかなと。そうしていくとマンネリのイベントになってしまって参加する方も飽きてしまうんですね。
 北陸セッションは僕が個人的にやってるようなものですから、いろいろと大変な事はあります。一番大変なのは参加者の確保だと思います。北陸ではなかなか集まらないのに東京では2〜3日で満員御礼という状況ですし。まぁ、底辺が違いますから比較になりませんけどね(^^;)。つらい状況にも関わらずなんとか参加者の確保は頑張ってます。個人的には若い女性の方々がたくさん参加してくれると華があってよかったりします。逆にいうと北陸セッションは東京でやるこの手のセッションにくらべれば非常に参加しやすいんですよ。参加しやすいイベントだからか知らないですけど、ずーっと参加しようかどうか迷っちゃって煮え切らない人が多いんです(^^;)。
 ピンで参加するのがちょっとなぁという人は友達を誘って参加したらいいと思います。どうせ誘うんだったら一度でいいからこの人と一緒に演奏してみたいという人を誘った方がいいですよね。ありがちなのはこいつは誘ったら出てくれるだろうという気持ちで誘う事です(^^;)。ローテンションで誘う様子が目に浮かびます(^^;)。おねーちゃんに例えるとわかりやすいんですが、ナンパする時も素敵な人をナンパしてデートできた方が喜びも相当なものでしょ? 一度デートして、今度いついつにデートしましょうという話になればまたそれで最高というか(^^;)。まぁ、そういう感じと思ってもらえればいいです(^^;)。
 いろいろと書くと長くなりますからこのぐらいにしておきましょう。参加者のみなさんには本当に感謝しています。皆さんの参加のおかげでこのイベントが開催できるわけですからね。有り難い事だと思います。夜勤明けだからそろそろ寝ないと(^^;)。

03:41 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4451/2690844

この記事へのトラックバック一覧です: このイベントは初心に戻れる機会でもあるんです:

コメント

コメントを書く