« 【北陸5.5】セッション参加受付終了しました | トップページ | TrackbackBandPeopleをサイドバーに追加 »

2004.10.18

セッションウェブリング企画第2弾「バンドを一緒にしたくないのはこんなヤツ」

 いつまで続くかわからない企画の第2弾を行ってみましょうか(^^;)。コメント、トラックバックの期限はないのでいつでもどうぞ! それではお題です。

「バンドを一緒にしたくないのはこんなヤツ」

 僕がバンドのメンバーにもこれだけはやめてねっていうのが、「自分の彼女(彼氏)を練習スタジオに連れ込む」ことです。これをやられるとその練習には気合いが入りませんねぇ。
 ライブ本番が近付いてくるとやっぱり緊張感が出てくるものです。その緊張感があってスタジオで練習するんですが、そのスタジオの中にメンバーの彼女がいたりすると他のメンバーが気を使うわけです。彼氏であるメンバーは俺のかっこいい所を彼女に見せたいとか、スタジオの外で彼女を待たせるのは暇だろうから悪いなぁとか思うんでしょうね。
 本番目前のスタジオ練習というのはやはり殺気立ってきます。言動も多少ワイルドになることがあります。メンバーにいろいろとオーダーしてそのメンバーが思いどおりに弾けないとこうしろああしろという発言がでてきますしね。やっぱりそういうのを彼女の前で見せるのはバツが悪いですから、他のメンバーも思った事を言いたくても言えなくなっちゃうんですよね。それでだんだんストレスがたまっちゃうという。
 彼女のことは気にしないでって言われても、そんなことを言われるとますます気にするっていうものです。スタジオの隅っこのほうにメンバーの彼女が何もせずいるだけなんですけどね。それだったらスタジオの外で彼女を待たせてほしいです。それかスタジオには彼女連れてこないで1人で来てほしいですね。
 ですから、彼女に自分の演奏を見せるのはライブ当日だけにしましょう。そこでかっこいい姿を彼女に見せた方が惚れ直してくれるかもしれませんし。やっぱり演出というのも大事だと思います。地道な練習とかは他の人に見せるものでもないですよね。地道な秘密の特訓があるから本番でバーンと行けるわけですから。
 僕はスタロ−ン主演の映画「ロッキー」って結構好きなんです。ロッキーが勝つのは最初からわかってるんですよ。それでもテレビでやる時はなんとなく見てしまって、ラストシーンでは鼻出ちゃったりするんですけど。ストイックな練習をロッキーは必ずするんですが、これがまた地道な練習で。奥さんのエイドリアンには絶対にそんな練習を見せないですし。それから試合当日にロッキーは対戦相手にぼこぼこにやられちゃうんですが、最後には勝っちゃう。顔を腫らせたロッキーが「エイドリアーン!!」と叫んでいるのを奥さんのエイドリアンが客席で号泣しながら見守っていると。これが僕はかっこいいなぁって思うんですよね。このお約束の結末がたまらないのかもしれません。
 スタジオ練習ではばっちり演奏できてたのに、ライブ本番では演奏ボロボロだったというのはよくあると思います。やはりこれはきっついですよね。本番に力を発揮できないのは練習が足らないっていうことになるんでしょうね。普通のお客さんはライブをみてそのバンドのファンになるんですから、それまでのプロセスっていうのはお客さんには関係ないですしね。お客さんは楽しんで帰れたらいいわけだし。
 スタジオ練習でも殺気立ったりする時もありますが、楽しく練習できれば本番もきっと楽しいはず。お客さんも楽しみたいから時間と手間をかけてわざわざ会場まで来てくれてるわけですし。それにちゃんと答えないとお客さん2度と来てくれないでしょうねぇ。楽しく演奏できればお客さんも楽しんでくれると思うし。それが僕がやってるバンドの課題でもあったりするんですが…。
 不定期な企画なのでお題が思い付いたら書こうかなって思ってます。反応あるといいですけど(^^;)。それでは最後に先程紹介した「ロッキー」のDVDを紹介しておきますね。

ロッキー DVDコレクターズBOX

発売日 2002/11/08
売り上げランキング 2,084

おすすめ平均
スタローンの最高傑作!
男なら絶対見るべし!!
力が湧いてくるゼ!!!!!!!!!

Amazonで詳しく見るB00006K0KU

02:55 午前 セッションウェブリング |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4451/1708250

この記事へのトラックバック一覧です: セッションウェブリング企画第2弾「バンドを一緒にしたくないのはこんなヤツ」:

コメント

宴会部長さん

 このセッションウェブリング企画にコメントしていただいて有り難うございます!
 上手な人でもそればっかりはちょっと僕はパスですねぇ(^^;)。ライブ本番のときにバックの演奏者が練習の時と違うことをやったらどうなっちゃうんでしょうか(^^;)。本番のときに全く違う演奏をして度胆抜くとかやってみるといいと思います(^^;)。
 そういう人にはバックで演奏してくれる人がいるからあんたバンドでボーカルできるのよって言いたいですねぇ。一緒に演奏してくれる人がいるからバンドできるっていうのを忘れちゃいけませんよね。バンドやらせてもらえるだけでも有り難いのに。ずっとやってるとそういうのを忘れちゃうのかもしれません。

たっつぁん

投稿: たっつぁん | 2004/10/20 12:02:50

バンドを一緒にしたくないやつですか・・・昔話ですが、とんでもなく上手いボーカルがいたんですが練習に出てこないんです。で、問いただすと「アーティスト本人の演奏の通りやってもらえれば僕、歌えるから」という答えが返ってきました。バンドってそんなもんなんでしょうか!?たっつあん、主旨と違う文章になってたら許してネ☆

投稿: 宴会部長 | 2004/10/19 23:24:02

コメントを書く